クラウド環境構築

AWS(Amazon Web Services)とは

AWSとは、Amazon社が提供しているクラウドサーバです。
クラウドサーバとはインターネット上で運用する新しい形態のサービスで利用者は、サーバ機器を購入せずサービスとして利用する為、以下の様なメリットがあげられます。

  • 導入費用削減
  • 納期短縮
  • スケールアップ(ダウン)が可能
  • ハードウェアメンテナンスが不要
  • 設置スペースが不要

目的、利用環境により適したサーバ環境の選定が必要となりますが、弊社では、お客様毎に運用状況をヒアリングし適切なサーバ環境のご提案をさせて頂きます。

 

クラウドに向いている状況

  • サーバの設置場所が確保出来ない場合や、サーバの保守を行う技術者がいない場合
  • 時期によって利用者数やデータ量、処理の負荷の増減が激しいシステムの場合
  • IT環境が標準化されている(OSがwindowsやLinuxなど一般的な環境)

クラウドに向いてない状況

  • 高いセキュリティを必要とする場合
  • データ転送量の多い場合

 

項目 クラウド環境 物理環境
導入スピード
初期費用
運用費用
柔軟性
サーバパフォーマンス
ネットワーク
ハードウェア保持
運用場所

 

 

AWSの特長

AWSの特長① 導入費用削減・納期短縮

仮想環境でのシステム構築の為、高価なサーバ、ネットワーク機器を新たに導入する必要がなく、導入費用を低く抑えられます。また、機器の調達や検品、キッティング等の組み立てが、不要の為、オンプレミス(物理環境)に比べ、システム構築が短期間で可能です。

 

AWSの特長② スケールアップ(ダウン)が可能

スモールスタートを行いたい場合、システム構築後でもインターネット上の管理画面からHDDの容量、CPU、メモリなど、サーバの性能の調整を簡単に行えます。

 

AWSの特長③ 従量課金制

ご利用の仮想サーバのCPUやデータ転送量/回数により、利用料金が決まる従量課金制の為、必要最小限のランニングコストでシステム環境を構築できます。

※AWSの全てが従量課金制で提供しているわけではありません。

 

AWSの特長④ ハードウェアメンテナンスが不要

サーバ機器を購入する必要が無い為、ハードウェア保守が不要です。

※OS等の論理障害対策は別途メンテナンスが必要となります。

 

AWSの特長⑤ 設置スペースが不要

物理的なサーバを設置する必要が無い為、設置スペースの心配が不要です。

※データセンターの地域(リージョン)を選択が可能です。

 

 

AWSリージョン(データセンターのエリア)

  • アジアパシフィック (東京)
  • アジアパシフィック (ソウル)
  • アジアパシフィック (シンガポール)
  • 米国東部(バージニア北部)
  • 米国東部 (オハイオ)
  • 米国西部 (北カリフォルニア)
  • 米国西部 (オレゴン)
  • カナダ (中部)
  • 欧州 (アイルランド)
  • 欧州 (フランクフルト)
  • 欧州 (ロンドン)

 

 

AWS導入事例(負荷状況に応じた最適化例)

 

AWSのメリットを活かした導入例

  1. ハードウェアの新規導入費用を削減したい場合
  2. 短期~中期のキャンペーンやイベント用のインフラとして
  3. 新規サービスなど、ユーザー数が不確定で、利用ユーザー数の変化が多いサービス
  4. サーバの設置場所や保守の為の技術者がいない場合

 

 

AWS導入実績

顧客業種 用途 メリット
某金融機関 業務管理、社内用インフラとして利用 ハードに掛かる初期費用を抑えられ、費用削減
某通信会社 新規立ち上げの音声サービスのインフラとして利用 利用ユーザー数に応じてサーバのスケールを調整
某SIer ブラウザ用のオンラインストレージサービスとして利用 利用ユーザー数やデータ通信料に応じてランニングコストを調整

※Amazon Web Services、“Powered by Amazon Web Services”ロゴ、[およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標]は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。