FIWARE構築サービス

各自治体様でスマートシティ化に向けた実証実験や、本番運用を想定した準備が着々と進んでいる中、FIWAREという都市OSが各方面で採用されています。

弊社では以前より、FIWAREを利用した都市OS環境の構築を行っており、数々の実績を積み上げてまいりました。本ページでは、これまでの経験や実績などを踏まえ、取り組みやサービスメニューについてご紹介させて頂きます。

 

FIWAREとは

スマートシティを実現する為の都市OS基盤です。OMA(Open Mobile Alliance)によって標準化されたNGSIで規定され、規格の基盤が出来ている都市OSで、7カテゴリー約40種のオープンソースモジュール群で構成されています。

データモデル標準化、データ検索、分散データ管理、既存システムとの接続をモジュールの組み合わせで実現する事ができます。

 

FIWAREの構成例

収集したモビリティデータ、カメラ画像、行政データ等の情報を、都市OS(FIWARE)で規定されたデータ形式・通信方式などを利用し保存、公開、活用を行います。
また、既存サービス等も外部連携用の変換プログラムを作成する事で、利活用が可能となります。

 

FIWAREの導入実績

・自治体(東北地方)様向け都市OS基盤構築

・大手SIer様向けPOC環境構築

・大手SIer様向けロボット制御基板構築

・大手通信会社様向け都市OS基盤構築

・大手メディア会社様向けPOC環境構築

 

FIWAREの構築メニュー

【Liteプラン】

最小構成で都市OSを試してみたい自治体様向けのプランです。各種センサーやロボット等からのデータを蓄積します。

 

 実施内容
・FIWAREの基本構築
・データ蓄積DB

※基本構築はFIWAREでデータの取り込みと蓄積までを実施します

※AKS(Azure Kubernetes Service)はお客様で御用意頂きます

 

 

 

【Standardプラン】

各種センサーやロボット等から蓄積したデータを可視化するプランです。単体のFIWAREとして必要な機能が一通り揃っております。

 

実施内容
・FIWAREの基本構築(AKS含む)
・データ蓄積DB
・ダッシュボード可視化
・認証

 

 

 

 

 

【Premiumプラン】

Standardプランの基本機能を二重化し、非機能要件(性能要件、バックアップ要件)の追加と、外部サービス連携機能の開発を行うプランです。幅広いサービスから情報の収集が行えます。

 

実施内容
・FIWAREの基本構築(AKS含む)
・データ蓄積DB
・ダッシュボード可視化
・認証
・外部連携開発
・非機能要件

 

 

※上記プラン以外にFIWARE導入のコンサルティングも承っております

 

【プランの前提条件】

※上記金額にAzureのライセンス利用料は含まれておりません。
※AWSによるFIWAREの導入も可能です
※データの蓄積DBへのデータ転送は、https通信によるCSVファイルの送信を前提としています。
※可視化するデータは1種類とします。
※可視化に使用する開発言語はJavaScriptとします